きさらづあひるの会

 あひるさんの写真  富士山の写真
 きさらづあひるの会 トップページ! 


 本会は、S40年から毎年一度行われています。
木更津の郵便局に勤めていた、当時も今も若いIさん・Nさん・Tさん・Tさんの、自称 「山男」のグループが、木更津東高校点訳の会サークルの生徒さんが、たくさんのボランティアさんが、
木視協(木更津視覚障害者福祉協会)を連れて歩いてくれるハイキングの会です。

 ハイキング?と聞いて…… 床屋にいって、背広と革靴・おめかしして和服と下駄で参加してしまった。そんな先輩もいらっしゃったとか(^_^)

 雨上がりの急な斜面をロープ頼りに登ったり降りたり…… せせらぎの聞こえる川面の飛び石の上をヘルパーさんに身を任せて歩いたこともありました。最初のころ、富士山に登った事もあったと聞いています。

 あひるの会のあゆみをご覧ください。半世紀にわたる歴史が綴られています。


 あひるの会は主に千葉県南部を中心に歩いてきました。鴨川・小湊県民の森・富山・石射太郎山・亀山のキャンプ・雨の自衛隊峯岡山分屯基地・館山野鳥の森・富浦・和田町の花嫁街道…… 思い出がいっぱいです。

  第12回から木更津総合高校(当時は清和短期大学付属高校)のみなさんもヘルパーしてくださいます。バス2台に分乗し和気藹々、楽しく安全に、そのバスの中で、学長のお話を聞かせていただくのも毎年の楽しみの一つです。

 卒業してからOBとして参加してくれる人もいらっしゃって、うれしい限りです。

 参加者も次第に増え、100人を超す年も珍しくはありません。

20階記念は亀山キャンプ、そして苦労して記事を集め、

 あひるの会20年記念誌を発行しました。点訳の会のみなさまが力を合わせて電子化してくださいました。

時は流れ、今年は45回のハイキングでした。やがて半世紀を迎えます。いつまでもみんな元気で楽しくあるけることを願っています。



 あひるの会のあゆみ

楽しかったあひるの会にもとうとう幕を引く日がやってきました。


あひるの会感謝の会の模様をごらんください。

     最終更新日・2015/01/03(土)

----

 木視協のページへ


 てんやくの会のページへ


木視協会員・小林巌のページへ


あひるの会のページのすべての文書そのたは、あひるの会の著作物です。無断転載引用は禁止します。

inserted by FC2 system